中古マンションを購入した場合

住宅資金贈与を受けた資金を利用して中古マンションを購入した場合には、購入した物件の状況によって以下の対策の適用が考えられます。

築年数が25年以下のマンション

専有部分の床面積が50平方メートル以上(登記簿上)のマンション

登記簿上の床面積が50平方メートル以上のマンションを購入した場合には、次の対策の適用が考えられます。それぞれの制度の説明はリンク先をご参照下さい。
  1. 贈与税非課税特例
  2. 相続時精算課税制度の住宅取得資金の特例
  3. 単純贈与とする
  4. 共有名義とする
  5. 借入金とする

専有部分の床面積が50平方メートル未満(登記簿上)のマンション

記簿上の床面積が50平方メートル未満のマンションを購入した場合には、次の対策の適用が考えられます。それぞれの制度の説明はリンク先をご参照下さい。
  1. 相続時精算課税制度の原則
  2. 単純贈与とする
  3. 共有名義とする
  4. 借入金とする

築年数が25年を超えるマンション

専有部分の床面積が50平方メートル以上(登記簿上)で耐震基準を満たしているマンション

一定の耐震基準を満たしている登記簿上の床面積が50平方メートル以上のマンションを購入した場合には、次の対策の適用が考えられます。それぞれの制度の説明はリンク先をご参照下さい。
  1. 贈与税非課税特例
  2. 相続時精算課税制度の住宅取得資金の特例
  3. 単純贈与とする
  4. 共有名義とする
  5. 借入金とする

専有部分の床面積が50平方メートル以上(登記簿上)で耐震基準を満たしていないマンション

一定の耐震基準を満たしていない登記簿上の床面積が50平方メートル以上のマンションを購入した場合には、次の対策の適用が考えられます。それぞれの制度の説明はリンク先をご参照下さい。
  1. 相続時精算課税制度の原則
  2. 単純贈与とする
  3. 共有名義とする
  4. 借入金とする

専有部分の床面積が50平方メートル未満(登記簿上)のマンション

耐震基準を満たしているかどうかにかかわらず、登記簿上の床面積が50平方メートル未満のマンションを購入した場合には、次の対策の適用が考えられます。
  1. 相続時精算課税制度の原則
  2. 単純贈与とする
  3. 共有名義とする
  4. 借入金とする

無料レポートプレゼント中!

すでに累計で1,000部以上配布した実績のある住宅の税金に関する無料レポートの平成22年版が完成しました。

住宅の税制について、よく聞かれる相談項目を5つにまとめてQ&A方式で解説をしています。

無料レポートのご請求は下記リンク先のHP上よりお申し込み下さい。

無料レポート「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」